パワーストーンイメージ

パワーストーンとして毎日つけているダイヤモンドのネックレス

ダイヤモンドは、地球上にある石の中でも最も硬く、最も有名な宝石と言われています。
これは、炭素単体で出来ている物質で、多くはアフリカ大陸から産出されています。
さらに近年人気のカラーダイヤモンドは、オーストラリアで産出されるようになりました。
これらをネックスレスや指輪、時計、ピアスなどアクセサリーに使用し、それを身につけることで、ワンランク上のお洒落を楽しむ事が出来、ステイタスの一つとして象徴されることもある程の価値を持つのが、ダイヤモンドなのです。
私も以前にダイヤモンドがあしらわれているネックスレスを購入した事があります。
私が気になったネックレスの他にも多くの種類のネックレスやアクセサリーがたくさん並んでいたのですが、どうしてもその一つだけが気になって気になって仕方ありませんでした。
もともと、私はそんなに高価な宝石に興味がなかったのですが、たまたまウィンドウショッピングをしていた時に、ショーケースを覗いて足が止まってしまいました。
ずっとそれを眺めていると、店員さんに、「お出ししてみましょうか」と声をかけられ、お願いしました。
実際に現物を目の前にしてみると、ショーケース内においてあった以上の輝きを放ち、どうしてもこれが欲しいという気になってしまったのです。
そしてその価格を見てみると、驚くほど高い値段で驚きました。
やはり宝石というものは高価で、自分には釣り合わないなと思い、その場を後にしました。
そして家に帰ってから、母にこの事を話すと、宝石の中にはパワーストーンと呼ばれるものがあると教えられました。
もちろん他の石や宝石などでも良いらしいのですが、自分が直感的に何かを感じるとすれば、それには自分の希望を叶えてくれたり、幸せをもたらしてくれる、いわばお守りのような力があるそうです。
これは、決して何か特別な石であったり、パワーストーンとして外部から力を入れたとされる等、そういう事ではなく、自分自信の直感で決めるとの事でした。
恐らく私にとっては、そのネックレスが、パワーストーンだったのかもしれないと思い、次の日もう一度そのお店に足を運び、昨日のネックレスを首につけさせてもらいました。
すると、とても自分に力がみなぎり、活力が湧いてくる感じがしたのです。
昨日の母の話を聞いた事で、余計にそう感じたのかもしれませんが、思い切ってこのネックレスを購入することに決めました。
価格は予想外の値段だったのですが、分割にして支払いをすることに決め、早速つけて帰る事にしました。
それ以降、私は毎日このネックレスをつけています。
そうすることで、仕事にも精が出、人との関わりも楽しくなった気がします。
思い込みもあるかもしれませんが、私にとってこのパワーストーンであるネックレスを見つける事が出来た事に、本当に満足しています。
パワーストーンとおまもりの共通点と相違点についての記事もp

Copyright(C) 2011 power-stone.com All Rights Reserved.